忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おおむねラインナップは男の人ばかり。女性サーファーが波を取るには厳しい環境といえるかもしれません。



けれどもそこで目をつりあげて対抗しては更に逆効果。
余計、波を取れなくなってしまうのが本当のところでしょう。



サーフィンは楽しいもの!だからやっているのですよね?イライラするのではなく、天然のすばらしい波動を感じるためにはどうしましょう?



しばらく波チェックをして、誰も乗っていない余った波があるような場所を選びたいもの。
そんな悠長なことはいってられない!駐車場だって散々待ってやっと停められたのだから・・ということもあるでしょう。

自分は湘南の辻堂か鎌倉の七里ケ浜でよく入っていました。驚くほど混むエリアです。
そこで自分なりに波を取るためにやっていた方法。

いきなりピークへ行かず、最初のゲッティングアウトはインサイド側から入っていく(もちろん乗ってくる人のライン上にいるのはマナー違反です)ピーク側の人が波に乗るたびに徐々に奥へといき、順番を待つ。
やみくもにパドルして波に乗ろうとするのは絶対NG。ピークに近い場所にいけたとき、これだ!と思う自分の波がきたら迷わず漕いでみるのはいかがですか?

愛い子ちゃん休憩

たくさん波に乗ることは出来なくても、その日の良い波に乗ることは出来るでしょう。周りの状況を把握しながら徐々に良い場所へ移動しつつ、とにかく待つのです。
その際これだ!と決めた波だったら、たとえパーリングしそうでも板をひかないこと。目の前にボードを当ててしまいそうな邪魔な人がいない限り、突っ込むのです。良い場所にいながら板を引っ込めてしまう行為は、いくら待ってももう自分の波の番はこないと思ったほうがよいでしょう。

もしくは・・テイクオフの練習だけなら、波の悪い場所(ダンパーやすぐにウネリに戻ってしまうようなところ)で入るのがおすすめです。
なぜなら。そんな場所は空いているし、邪魔するな!怒るような人もいないはず。だって走れない波なのですから。
立つ練習にはもってこいといえるのでは。

なにより。どんなシチュエーションでも、自分が邪魔をして迷惑をかけたら、ひとこと「ごめんなさい」

それでも相手がプリプリしていたら、よっぽど自分がひどい動きをしていたか、もしくはすっごく心の小さな人間か。
考えれば(考えなくても!?)きっとすぐに答えが出ますね!
心の小さな方だったら・・残念。チーン
サーファーガールは、ラインナップで男性の本質が見抜けたりして。
逆に見られていることもあるよ。自分の行動を振り返ると、気づかなかった自分の側面がわかることもあるでしょう。自然のなかでは、うそがつけないようです。



全体的なことが見えず、小さな視野で俺様的なことだけになっている可哀相なサーファーは、きっと人生もチョロいはず。同じ種類にならないようにしよう・・ね♡

波動に入り込み、戯れて一体になる幸せは、サーファーの特権ですね!
イマイチ、サーフィンのルールが??という方。世界共通のルールをチェックしてみてください。

sweet of the day



尊敬しています☆
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
そーそー
辻堂に居たときの話。茅ヶ崎から引越して着たばかりで様子も分からず、うっかり前のり。
死ぬほど怒られたけど、その後その人のショップに謝りにいったら快く迎えてくれた。
ああ、少し辻堂の人になれたかな、と思った。
でもその後は自制して、インサイドからにじり寄り作戦で、地形の変化や潮周り、うねりの向きで自分のところへピークが来るのをじっと待つ。ビーチブレイクだから絶対来るのを信じて。
その日に自分が乗れた一番の波が、その日の一番いい波。
他の人が乗ったいい波じゃなくて。そう考えながら中学校の前で波乗りしてました。

引っ越して正面のポイントではマダマダ乗らせてもらえないけど、少し稲村よりで昆布に巻かれながら、リーフを気にしながら気長に自分のピークを待ちたいと思う。

そんな波乗りを考えながら博多行きの新幹線で飲むビールは美味しい。
のぶZ 2008/08/26(Tue)21:08:34 編集
無題
新幹線!席が決まった電車に乗ると、いつもワクワクしていました。
小田急ロマンスカーや成田エクスプレスなど。
電車でbeerを飲めるなんて、今思うと夢のようです!

絶対に自分のところにピークがくるからといいきかし、遠くからくるウネリをしばらく見ていると、時々他の考えにハマっていくことも。
海で思いついたことは、たいてい良いVIBESが詰まっているように感じます。
すると・・ポコっと目の前に盛り上がってきたり♡


博多へはお仕事でしょうか?それでは、良い旅を☆
tomomi 2008/08/27(Wed)12:56:08 編集
いつも楽しく読んでます。
Sweet blog readerのサハルと申します。
毎日UPされるのが、待ち遠しいくらいの
ヘビーリーダーですw

今回のサーフマナーのお話、痛感しましたし、
まさにサーフィンしてる時も人生の修行ですね!

私はバリ島に住んで、仕事の間際にサーフィンしてる幸せ野郎なんですが、最近心がけてることは、海に入ってる時の「表情」です。
別にヘラヘラバカみたいにするわけではないのですが、しかめっ面してるよりは、ちょっと笑みを浮かべるような、人と目線が合った時には、歯を見せるとか・・。
特に欧米人からは、ジャパニーズは何を考えてるのかわからないとよく耳にします。また笑顔でいると、誰からも話しかけられるようにもなりますしね。
間違ってドロップしても、問題にならないことが多いです。

特に海外でのサーフィンでは、その人がかもし出す雰囲気を、意外と他の人がみんな見ています。

幸せな事をしてる最中なので、是非笑顔を絶やさずにサーフしたいものです。

それでは~
サハル 2008/08/27(Wed)21:04:25 編集
無題
サハルさん
apa kabar~
バリ在住なのですね!常夏でよい波がたくさんあって、食事が美味しくて・・楽園baguse♪

人と目があったときに微笑んでもらえると、ハッピーな気分になっちゃいます。
おっしゃるとおり、ヘラヘラする必要はないけれど、スマイルはとても大切ですね!
心の状態によっては、つくり笑顔になることも。
そういうのは相手に伝わっちゃうんだろうなぁ。
いつも自然に笑顔になる人は、きっと心もスッキリ♡目標です。

バリではしばらく小ぶりな波が続いているようですね。
最近、親友ががクロボカンに家を購入しました。
頃合を見計らって・・というか、すぐにでも飛んでいきたいです。

それでは~☆
tomomi 2008/08/28(Thu)12:28:02 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
名前:Tomomi
HP:Nakisurf
性別:女性
自己紹介:
湘南を離れ、2008年から南カリフォルニアに越してきました。

プロサーファーという経験を通して、主に女性サーファーの参考になるような情報をアップできれば幸いです。

ビーチへ足を運ぶと、不意をつかれたかのように様々な気持ちよいことに出会えたりしますよね!

一眼レフではない普通のデジタルカメラではありますが、たっぷりとある日差しの力を拝借しながら更新していきます、どうぞ宜しくお願いします☆
ブログ内検索
最新コメント
[07/28 tomomin]
[07/27 kuma]
[03/08 Pit]
[03/06 Jim]
[03/06 tomomi]
バーコード
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ