忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アメリカの第一言語は英語。英語を使って日本語と同じように気持ちを伝える。しなたいなぁ。と、希望なので実際は話せません。中学の3年間、そして高校の3年間、必修で6年も習ってきたのに。
変に過去・過去分詞の不規則動詞とかはほとんど覚えている。まるっきりテスト用の勉強だったのだ。

photo by kosuke

スペイン語圏の英語をこれから学ぶぞ!という人用のビデオをみてビックリ!いきなりネガティブ気味な言葉から始まっていました。


「救急車を呼んでください」「家が火事です」「父が心臓発作を起こしました」「泥棒が侵入しています」など。命に関わる言葉から覚えようとするのに対し、自分が学校で習ったのは・・
「私の名前は~」「これはペンです」「私は生徒です」等、平和☮そのもの。ただあまり役に立ってないような。習うのは同じ英語なのに、国によって差があるものですね!

英語が話せなくなって風邪ひかないし、具合悪くならないないよ、なんて開き直りはもうしません。実際に使える英語に、遅ればせながら取り組み始めました。

ストイックとは程遠い、マイペースなノロノロの進み方ではありますが、日々ひとつでも新しいことを覚えたぞ!と実感できるのが、地味に嬉しいヽ( ´¬`)ノ

授業の中でも○か×か決まったものを答えるより。自分の言葉をつかって考える問いが好き。今日はこんなの。

photo by kosuke


1.Someone I often embrace is_______________________.

2.If I were given premission to write graffiti on a city wall,I would write this:______________________.

3.Someone or something that always makes me feel calm is______________________.

4.Two years from of?____________________________.

自分の英語のダメ度を露出した感もありますが・・こういう質問は、英語以外の勉強や色々な気づきにつながっちゃう。他の生徒の答えを聞いても楽しいし、その答えから話が広がっていったり!

自分のことながら改めて心の奥にあることに気づき、ハッとするような質問と感じたのは、なんでだ!?

photo by kosuke

特に問4の二年後は?は、近くて遠い将来。将来の展望を描けないと、今よりステップアップすることは望めないようです。なのでもっと遠くの自分まで想像するのは、難しいけどそれに近づける一番の方法といえるのかもしれません。

近い将来。こんなことを習っていたのだなぁ、ププ(/ω゚\)チラッ♪ とスラスラ話せるようになっていますように!


sweet of the day



グダグダストレッチ☆
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
そうですね〜
おっしゃる通り。
日本人って6年間必修で英語の授業があるのにダメですよね〜
メキの方々が言葉は死活問題ですからね〜。はやりそう言う環境に身を置かないとREALなENGLISHとEXPRESSIONは脳に染込まないかもですね〜。
僕も死活には関係なかったですけど、TOEFL死ぬ気で勉強しましたよ〜

そう言えば、何でちゃんとした単語やイディオムって頭に入り辛いのに、Fxxk系やお上品でない言葉って気合いを入れなくても覚えられるんですかね〜 (@謎@)

それにしてもkosukeさんの写真、めちゃくちゃビューティフォーですね。
アサマ 2008/10/23(Thu)15:10:29 編集
無題
先日、ファーストフードで妙齢のメキシコの方らしき女性が、英語のドリルに一生懸命取り組んでいるのをみかけました。
多分、としのころは50~60歳くらい。ファーストフードで勉強というのが、なんだか可愛いらしいなぁ、そして長年住んでいたであろう故郷を離れ、これから色々覚えようとする姿が前向きだなぁとパワーを頂きました。

こうすけさんの写真、これからもアップしていきますので、ぜひチェックしてくださいね☆
tomomi 2008/10/24(Fri)11:47:00 編集
無題
今年の7月にオアフに行った時、日本人のカップルが注文できず、ガイドブック片手にカウンタの脇でモジモジしてたのを思い出しました。彼女は彼氏に”早く注文してよ!”と小声で催促してるのですが、彼氏は踏み切れず… なんと30分くらいモジモジし続け、シビレを切らした彼女がオーダー。

僕ら家族が食べ終わって外に出た時に彼らも一緒に出てきて、出た瞬間に彼女が激怒。
彼氏は大阪弁でギャーギャー捲くし立てられていました…

しかも、彼女は店内で食べたかったらしいのですが、To goでオーダーしたと言うか、多分、白人の店員さんに言われるままに、”イエ~ス”、”イエ~ス”と言っていたらそうなってしまったんでしょうね。

今年のハワイでの思い出でした。

P.S. もちろん、ヘルプしてあげようか、どうしようか家内と相談しましたよ。でも、それは僭越と言う結論となって、傍観者になってしまいました…
アサマ 2008/10/24(Fri)17:48:02 編集
無題
アサマさん
↑の出来事。なんだかすごい場面に遭遇しましたね!
もし自分が彼氏の立場なら。
頑張ったね、ありがとう♡外で食べたほうが美味しいね♪といってくれるガールフレンドを選びます。
tomomi 2008/10/25(Sat)14:11:51 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
名前:Tomomi
HP:Nakisurf
性別:女性
自己紹介:
湘南を離れ、2008年から南カリフォルニアに越してきました。

プロサーファーという経験を通して、主に女性サーファーの参考になるような情報をアップできれば幸いです。

ビーチへ足を運ぶと、不意をつかれたかのように様々な気持ちよいことに出会えたりしますよね!

一眼レフではない普通のデジタルカメラではありますが、たっぷりとある日差しの力を拝借しながら更新していきます、どうぞ宜しくお願いします☆
ブログ内検索
最新コメント
[07/28 tomomin]
[07/27 kuma]
[03/08 Pit]
[03/06 Jim]
[03/06 tomomi]
バーコード
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ