忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[232] [231] [230] [229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マイガール・トレムに誘われていた、Calvary Chaperl Costa Mesaでのサーフムービー。
待ち合わせは教会で。いきなりお洒落な子供。



小学校の高学年くらいかな?このファッション、そのまま真似したいくらい。

ここで今夜はジョイ・ブランのBEYOND THE DREAMを公開。



ジョイ・ブランとは?70年代の後半から活躍を始めた南カリフォルニアはカールスバド出身のサーファー。
パイプラインで大きな成績を残し、「カリフォルニアKID」というa.k.aがありました。84年にはマーク・オキルーポを抑えてパイプマスターズで優勝!ロックスターのように扱われ、パーティーに明け暮れる日々に突入。ドラッグにハマりアル中となり、タイレノール(頭痛などの鎮痛薬)2瓶あけて病院行き。何時間か後に目を覚ますことができ、命はセーフ。

妹がクリスチャンだったことでジーザスに出会い、家族を持ち、その後サーフィンも復活、現在は幸せに暮らしているというお話でした。

ウーム。

映画の前にはコンサート、そしてジョイ・ブラン本人が映画の前と後、計1時間以上はお話してた。動きがすごくて、途中MASKに出演してい時代のジム・キャリーとかぶった。涙あり、笑いありの数時間。最後は瞑想、そして今日からクリスチャンに生まれ変わる!という人がゾロゾロ前に集合。サーファーはもちろん、スケーターっぽい子やスノーっぽい子もいたなぁ。勝手に持っていた印象とは、ずいぶん違う感じの人が多かったのもまた驚き。

パイプの映像時、トレムにshallow thereと説明すればすぐ2秒後くらいに出演のトム・カレンが同じ言葉を使い、and crowdyといえば、彼女が返事をしようとしたそのとき、今度はケリー・スレーターがすぐに一緒の言い回し♪2回続けてだったので、丸い目を更に見開いて「見たことあるの??」ってたまげてた。スターの言葉を先読みできたのか!?ってちょっと嬉しかった(ステレオタイプの説明だけどね!)

トレムが言うには。彼女は大学生のとき心が刻まれるようなことがあり、空っぽだったとき、ジーザスに出会ったということ。

自分は??ジーザスもBUDDAHもパワーを感じる。でも一番凄いパワーを感じるのは、木とか花とか海とか大地とか、なんというか・・自然なのかなぁ。あっ、あと先祖も。

とっても貴重な初めての体験でした。

終わってから。近くのモールにディナー、その後はトレムの大好きな本屋さんへ。

夜11時過ぎまで遊んでるのに、アルコールを一滴もとってないっていうのがなんかすごい。教会→食事→本屋で過ごす週末って。So カタギ!

その本屋では、自分は写真ばっかの雑誌が気になる。トレムがいきなり持ってきたのは、アメリカの歴史の絵本。それを一緒に説明してもらいながら、結局読破。車で流れてるPOWER FMでかかる曲の単語も踊りながら教えてくれる。彼女と居ると、おもしろいな。

明日はサーフィンに行こ!今日吹き荒れた、サンタアナ・ウィンドでサイズダウンかなぁ?久しぶりに優しい乗り心地のBATFISH5’5”で遊びたくなってきた。


sweet of the day



チュッパチャプス☆
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
ジョイ.ブラン...
私の心のヒーローかも知れません。
確か、80年代中期のパイプマスターですね。
私が初めて買ったサーフ雑誌にその記事が出ていて、彼は表彰台でこうコメントしていました。
「ドリームス.カム.トゥルー!」
また、そのマスターズを見ていたジェリーロペス婦人が、こう言っていたと言う言葉が未だに脳裏に残っています。
「ノー.バディー.ダズ.イット.ベター.オブ.パイプラインマスター...」
(誰がパイプマスターか、それは終わってみなければ分からない...。)
ヒーローは必ず「復活」するものです。。
しかし、それには計り知れない「受難」があると思います。別の言い方をすれば、

「全てを奪ったものしか、全てを与えん..。」

と言う事でしょうか。
ジーザスの言葉にもこうあります。

「奪ったものを憎んではいけない。奪われたからこそ、それが貴方の全てであったと分からされたのです。」

ジョイ.ブランは、幸いな人なのかも知れません。

写真のダブマーク、私はこれを自らのロゴマークとして、ボードの最先端にもう何年も、貼っています。。

すばらしいブログをいつもありがとうございます。

FREEBIRD 2008/11/15(Sat)18:32:16 編集
無題
FREEBIRDさん
まさに「ドリームス.カム.トゥルー!」 のシーンもありました!
自分的には、彼の前半のリラックスしたスタイルがすごく格好いいと思いました。
前半なので約30年前近く。そのときにカリフォルニアでは既に、こんなにゆるくて素敵なサーフィンをする人がいたのですね!

ジョイさんの後半にかけての映像は、ライディングに時折力が入っているように見受けられました。
人生の明と暗。彼の暗の中には、第1子を出産直前に流産という経験も入っていました。
なんといいますか・・波乱万丈な生き方で、最高も最悪も見てきた人なんだなぁ、そして教会で話していた彼がとても幸せそうだったので、穏やかな気持ちで帰ってくることが出来ました。

瞑想の時間。
終わってからトレムにあの時は何を考えているの?と訪ねたら、pureという答えでした。

「全てを奪ったものしか、全てを与えん..。」
パイプマスターになること。自分の中では、全てを奪ったサーファー(頂点)と考えます。
残りの人生、きっと彼は全てをgiveしていくのでしょうね☆
tomomi 2008/11/16(Sun)12:02:23 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
名前:Tomomi
HP:Nakisurf
性別:女性
自己紹介:
湘南を離れ、2008年から南カリフォルニアに越してきました。

プロサーファーという経験を通して、主に女性サーファーの参考になるような情報をアップできれば幸いです。

ビーチへ足を運ぶと、不意をつかれたかのように様々な気持ちよいことに出会えたりしますよね!

一眼レフではない普通のデジタルカメラではありますが、たっぷりとある日差しの力を拝借しながら更新していきます、どうぞ宜しくお願いします☆
ブログ内検索
最新コメント
[07/28 tomomin]
[07/27 kuma]
[03/08 Pit]
[03/06 Jim]
[03/06 tomomi]
バーコード
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ